img_01

障害者の対策はココから

グーグルがこのグーグル・ドット・オルグにつぎ込んでいる資金は、グーグル株三〇〇万株。
l二月四日 (二〇〇七年)時点の価格がl株当たり六八四ドルなので換算すると二第4章 新しい市民社会をデザインする〇億五二〇〇万ドル。
これに加えて、グーグル自体の年間利益の一%もチャリティーにまわされている。
 グーグル・ドット・オルグを率いるラリー・ブリリアントという人物が、これまたユニークである。
物理学と医学両方の学位を持つ六二歳。
ただどういうわけか、大学卒業後まもなくインドへ渡って天然痘撲滅運動に参加し、その後長年ヒマラヤ山麓の村に住まい、グルのもとで修行。
その後シリコンバレーでいるつもの新興企業を創業した。
かなりハイブリッドな人材なのである。
 海軍で従軍医師を務め、同時にすさまじくITに関する知識を持っている私の知人も今、このグーグル・ドット・オルグに関わっている。
これからの社会変革を行うには、単一の知識では足りないということかもしれない。
 ちょっと理想主義的ではあるが、グーグルのフィランソロピー活動がどこまで達成するグーグルは慈善活動でも「桁違い」の投資額のか。
これはシリコンバレーの未来を定義する決め手となるかもしれない。
 クリエイティブ・コモンズが先週、設立五周年を迎えた。
早いものだ。
 ご存じの方も多いと思うが、クリエイティブ・コモンズはスタンフォード大学法学部教授のローレンス・レッシグが最初に提唱した組織。
アニメーションや映画のキャラクター、有名な小説、テクノロジーなど、本来はオリジナル作者の死後五〇年経てば著作権が切れ、誰もが自由にその作品を再利用したり、新たな作品の下敷きにしたりできるはずなのに、世界中でその著作権の保護期間がどんどん延長されている。
クリエイティブ・コモンズはこの不条理さに対して、まったり新しいシステムをつくろうとしたものだ。
 有志の作者が自分の作品をクリエイティブ・コモンズに登録すれば、自分が納得のいる著作権のありかたが選べる。
作者のクレジットさえ明記されれば再利用はまったり自由というものから、許可を取ればいいというもの、多少の料金が必要というものまで、さまざまな選択肢がある。
クリエイティブ・コモンズに参加する人々は、ほとんどが最初のケースを選ぶことが多く、インターネット上の作品などで「cc」 マークがついていれば、これは再利用に対してオープンということを示す場合がほとんどである。
 先週サンフランシスコで開かれた五周年記念パーティーに行ったのだが、面白いなあと思ったのは、「cc」 マークがついたコンテンツをうまく寄せ集めて、けっこうユニークな売り物になる雑誌や書籍をつくろうとしている人々がいるということである。
日本にもチャットやブログからできた小説があるが、この場合は「cc」 コンテンツを独自の視点でアグリゲートする (ひとつにまとめる)、その視点で勝負しょうというもの。
これから、さまざまな分野で同じような動きが出てくることだろう。
 非常に無知だったが、クリエイティブ・コモンズには今や科学(ScieロCe CommoロS)や教育(CCLearロ) など、特定の目的に的を絞った活動もある。
前者は、科学の研究プロセスや成果をオープンにして、科学全体の進歩を加速化し、豊かにしようというもの。
後者は大学などの教育機関で使われる教材や授業のビデオなどをオープンにして、インターネットで共有しょうというものだ。
教材のオープン化についてはMITが数年前から始めているが、この拡大版というところ。
 インターネットの使い方さえ身につければ、生涯面白く学び続け、商売をし続けることグノエイテイブ・コモンズ、次なる展開ができる環境が本当に整ってきたなあと思った次第である。
「ニュース・ジャンキー」を取り込め! 私がアメリカに来て学んだ新しい言葉に「ニュース・ジャンキー」がある。
 ジャンキーというのは麻薬中毒のことで、ニュース・ジャンキーならニュース中毒者のことを指す。
実はアメリカには、このニュース・ジャンキーが多い。
 ニュース・ジャンキーは、いつも新しいニュースを追っていなければ気が済まないだけでなく、そのニュースに対して周りの人間とあれこれ議論をするのを好む人たちである。
つまり、けっこう理屈っぽいわけだが、小さい頃からディベート・クラスで鍛えられている彼らのこと。
ニュースの内容はもとより、その視点、表現、論理、盲点などをすみずみまでなめ回して、嬉しそうに議論を闘わせるのである。
 最近、インターネットのニュースサイトにユーザーが意見を投稿するコーナーが増えているが、これもニュース∴ンヤンキーの多さが背景にあってのことだと、私は思う。
ニュースは受け身で待つものではなく、能動的に狩りに出て、いったん生け捕りにしたら思う存分料理するようなくる 。
 先日、ユーザー投稿のニュース・サイトの運営者が集まる会があり、ちょっとのぞきに行った。
ユーザー投票によるl「ユース・サイトのDigg.comやredditcomのCEO、そしてヤフーのソーシャル・メディア担当者らのほかに、Topix.net、そしてFark.com。
Topix.netは、単純なニュース・アグリゲーターという位置づけからユーザーの意見投稿サイトへ方針を変えて、急に人気が出始めたサイト。
Fark.comは、ニュースをネタに冗談を言い合うサイトだ。
 こうしたサイトが花盛りな理由は、ニュース・ジャンキーの存在だけではない。
情報過剰の中で、生のニュースを消化しきれない若者がどんどん増えていることもある。
彼らは、「もう知っているとは思うけれどく」といった具合に他人が目をつけて解説を加えたり、人気投票で話題になったりといった、もうひとつのフィルターを通してしかニュースに触れられないのだ。
いや、ひょっとすると消化しきれないのではなくて、ニュースを読むという行為をお手軽かつ効率的に済ませたいと思っているのかもしれない。
 ところで、ニュース・ジャンキーを取り込む動きはニュース・サイトに限った話ではない。
私の知り合いは地元のテレビ局で働いているが、なんとニュース番組の間、ずっとリアルタイム視聴者のチャットルームをモデレートしている。
彼女はこれまでも報道にテクノロジーを盛り込む仕掛けづ--をやってきたのだが、これもニュース・ジャンキーを番組に取り込むために彼女が考案した新しい試みらしい。
それにしても、刻々とニュースが「ニュース・ジャンキー」を取り込め!伝えられている間、ネット空間では並行してそのニュースに対する意見交換が同時進行しているというさま。
ニュース報道がただ人気になびくのではなく、こうした視聴者のジャンキーぶりによって鍛えられるのならば、歓迎すべき動きだ。
 何はともあれ、ニュースがこんなに流行るとは。
インターネットで流通する「通貨」が広告だけでなく、ニュースになれば面白いとも考えるのだが、さて'その方法がまだ分からないところが、どうにも歯がゆい。
 先日、ディグ (Digg.com) の本社を訪ねた。
場所はサンフランシスコの南、まだ産業的な風景が残っている倉庫街。
オフィスの中は、スタートアップ (新興企業)特有のちょっと殺風景な様子である。

障害者の方法をご存知ですか?お仕事帰りでも障害者ができます。
障害者を厳選して紹介。最先端の障害者の登場です。
他人には言えない、障害者へのアクセスや便利な障害者をご紹介します。

都内有数の障害者 採用に関する、さまざまなユーザーが楽しめる障害者 採用です。
まず障害者 採用のチェックすべき観点は、障害者 採用への注目度です。
障害者 採用をご確認下さい。障害者 採用の安定性は十分です。

障害者 仕事について解説いたします。プロ絶賛の障害者 仕事セットです。
いろんな障害者 仕事を比較してみましょう。障害者 仕事で掴める掴める夢があります。
お手軽無料の障害者 仕事が登場です。障害者 仕事のヒントをお教え致します。

お手軽無料の障害者 就職が登場です。本格仕様の障害者 就職です。
障害者 就職を親身になってアドバイスいたします。障害者 就職も悪くないんです。
障害者 就職の理解を深めましょう。プロユーザー御用達の障害者 就職です。

本当の障害者 雇用をご存知ですか?プロユーザー御用達の障害者 雇用です。
障害者 雇用で悩んでいませんか?他に例をみない障害者 雇用です。
障害者 雇用の道へあなたを導きます。障害者 雇用で掴める掴める夢があります。

障害者 採用情報だけあれば充分だと感じました。障害者 採用情報探しならお任せください。
障害者 採用情報の最安値を見つけよう !98%が満足した障害者 採用情報の紹介です。
障害者 採用情報の一環として捉えましょう。デザインが豊富な障害者 採用情報です。